社協のできごと

第4回 夏休み子ども映画会を開催しました。

7月27日(土)に、夏休み子ども映画会を開催しました。
当日は、午前午後の2回の上映で、758名の来場がありました。
上映会前に、向日市社協のイメージキャラクターの「むつみん」が登場し、会員募集の啓発を行いました。

向陽小学校3年生が向日市福祉会館を見学しました。

向陽小学校3年生92名が、社会科の授業の一環で、向日市福祉会館を訪れました。

高齢者や体の不自由な人も使いやすい福祉会館の設備を、熱心に見学していました。

 

平成25年6月9日「第32回障がい児・者ふれあいレクリエーション」を開催しました。

障がい児・者の社会参加と相互交流を目的に毎年開催しています。
今年の参加者は77名で和歌山マリーナシティに行ってきました。
和歌山マリーナシティでは、黒潮市場での買物やヨーロッパの街角を再現したポルトヨーロッパでの散策、アトラクション等、皆さん楽しまれていました。

「聴覚障がい者・中途失聴者・難聴者のためのいきいきサロン」を開催しました!

 

 

 

 

 

 

 

聴覚障がい等をもつ人を対象とした「いきいきサロン」は、ゲーム、スポーツ、手芸、学習会などを通じて、社会参加へのきっかけづくりと交流を目的としています。

障がい者地域生活支援センターでは平成25年6月6日(木)「いきいきサロン(卓球バレー)」を開催しました。講師に向日市卓球バレー代表の山本啓子さんとそのチームの皆さんをお迎えし、参加者13名は女性11名、男性2名でした。

参加者は、卓球バレーのルールを講師から説明を受けたあと、卓球バレーチームとの対戦などを行い、楽しくゲームに参加されました。

 

※向日市卓球バレーチームは、向日市内であればどこへでもご指導いただけます。ご活用ください。

のびのび子育て教室を開催しました。

月別の過去記事