ご近所福祉の推進

本会では、「向こう3軒両隣」お互い様の精神で身近なお付き合いを大切にした町内会や小地域での福祉活動を推進しています。
災害時や緊急時など、困った時に頼りになるのがご近所さん。優しい地域づくりの基本は優しい人づくり。困っている人に手が差し伸べられる地域づくりを目指します。

ご近所福祉“推進団体”登録のお願い

次の登録要件の皆様に団体登録をお願いし、ご近所福祉の推進を目指しています。

登録要件 町内会等の団体(自治会、マンション管理組合を含む)
町内会の有志で構成する団体
町内会未組織地域の有志が構成する団体

登録いただいた団体の皆様にはだれもが安心して暮らせる地域づくりのための情報交換や連携づくりへのご協力をお願いしています。

アクションプラン

「認知症の徘徊者の声掛け訓練」「災害時の地域の支え合い訓練」「地域の世代間の交流活動」などの体験型の福祉学習を町内会等の団体のご要望に応じて、協働で実施します。

 

キックオフ助成 ※希望する場合は要事前相談

ご近所福祉の活動(取組み)を開始するにあたり、必要な備品経費を助成しています。
限度額3万円以内の実費。 「ラジオ体操を始めるためのラジカセ購入費用」「災害時に助け合いのためのホイッスルライト」など

 

ご近所の世話人さん養成講座

地域の日常の見守りや緊急時の対応まで、身近な「困った」に遭遇したときの手立てを学び、地域の世話焼きさんを応援します。

出前教室・支え合いマップづくり

介護サービスや福祉制度の利用、悪徳商法への対応など、地域の支え合い活動を含めて市内の専門職・ボランティア団体と一緒に出前してお話ししています。
また、災害時や困った時のお互い様の助け合いができるように地域住民の支え合いマップをづくりを実施しています。