社協のできごと

親子一緒に「抱っこ」を学ぶ

《親も赤ちゃんも楽な抱っこ》をテーマに「第1回のびのび子育て教室」を6月24日、向日市福祉会館で開催しました。
講師には、「NPO法人子育てを楽しむ会」の迫きよみさん、田窪千佳子さん、大谷明代さんを迎え、赤ちゃんの発達に合わせた抱っこやスリング(※1)、抱っこひもの体験(写真参照)を行いました。
参加者からは、「子どもの力を借りることで抱っこに安定感が得られた」や「スリングは抱っこ以外にも授乳時やお昼寝時のブランケットとしても活用できることに驚いた」等の意見をいただきました。

 

※1:抱っこひもの一種で幅広の布をたすきがけの要領で肩にかけ、柔らかくたわんだ部分で乳幼児を保持する道具

子育てサークル結成!

平成28年4月22日(金)に子育てサークル「たけのこの里」が結成されました。
メンバーは、平成28年3月に本会が開催した「子育て親育ち講座」の受講者の皆さまで、平成27年10月から平成28年1月までに生まれたお子さま(第1子)とそのお母さまです。
サークル名は、大好きなお菓子と向日市の名産品からヒントを得て、子どもがたけのこのようにすくすくと成長するよう願いを込めて命名されました。
活動は、月1回程度、メンバーの近況報告やレクリエーション等を予定されています。

ご近所福祉推進のつどい(3月12日)

平成28年度ご近所福祉推進のつどいを市民会館ホールで開催しました。
第1部のフォーラムでは、西向日地区社会福祉協議会と上植野町野添のサロン陽だまりのご近所福祉の実践報告がありました。
また、第2部では認知症をテーマにした映画「ペコロスの母に会いに行く」を上映し、認知症の理解やこれからの超高齢社会に向けた人と人との絆の大切さを学びました。
参加者235人は、ご近所のつながりやこれからの地域のあり方を学び、ご近所福祉推進に向けた機運が高まりました。

子どもとの上手なコミュニケーション

平成28年1月29日(金)に桑田道子さん(女性ライフサイクル研究所フェリアン)を講師に迎え、「第3回のびのび子育て教室」を開催しました。

今回は、自他共に尊重し合いながら人間関係を築く方法である「アサーティブコミュニケーション」を学び、実際に子育てにかかる困った状況を想定し、子どもの主体的な行動を促す声掛けやほめ方、叱り方を教えていただきました。

参加者からは、「ほめ方、叱り方を見直していきたい」や「自分だけでなく相手も大切にしたコミュニケーションを心掛けたい」等の意見をいただきました。

なお、本事業は保育ルームを設置し、参加者自身のリフレッシュや同年代の子ども同士で過ごす機会づくりにも取り組んでいます。

ふれあいサロンで料理実習

平成27年12月22日(火)に向日市食生活改善推進員協議会の協力をいただき、サロンかぐやひめ愛・あい(寺戸コミュニティーセンター)で出張ふれあい料理教室を実施しフルーツ羽二重を作りました。
参加者からは、「久しぶりにお菓子作りを楽しんだ」「家でも作ってみたい」という意見をいただきました。
調理後は、茶話会を行い楽しいひと時を過ごすことができました。
なお、平成28年1月13日(水)には、いきいきサロン物集女(物集女公民館)でも同教室の開催を予定しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月別の過去記事