社協のできごと

2月13日(水)に「むつみん」が寺戸中学校を訪問しました。

寺戸中学校では毎年この時期に1年生が各クラスで福祉やボランティアについて学習しています。

・2組 視覚障がい者のお話と点字

 

 

 

 

 

 

 

・3組 認知症のお話とセラピードック

 

 

 

 

 

 

 

・4組 車いす生活者のお話と車いす介助

 

 

 

 

 

 

 

・5組 聴覚障害者のお話と手話

 

 

 

 

 

 

 

・6組 中途失聴者のお話と要約筆記

 

 

 

 

 

 

 

・今回の「むつみん」さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生徒指導の奥田先生でした。

ありがとうございました。

 

「むつみん」は向日市社会福祉協議会のイメージキャラクターです。

 「むつみん」は向日市の「む」の字をデザイン化したもので、名前には「仲むつまじく住民同士が支え合う地域になるように」との願いが込められています。

 

視覚障がい者交流事業「ロールケーキ作り体験と交流会」を行いました

障がい者地域生活支援センターでは、1月31日に視覚障がい者交流事業として「ロールケーキ作り体験と交流会」を行いました。視覚障がい者8名と家族・ボランティア等7名がロールケーキ作りを楽しみました。当日は、パティシエ「ローシェ(乙訓食品衛生協会会員)様」にプロの技を教えていただき、大好評でした!

 

京都府生命保険協会様から車両を寄贈いただきました。

平成25年2月4日(月)に、京都府生命保険協会様から、福祉巡回車両を、「福祉向上のために役立ててもらいたい。」と、寄贈いただきました。車両は、福祉サービスの訪問活動用として、活用させていただきます。

歳末助けあい街頭募金を行われました。

乙訓明るい社会づくり運動会様が歳末たすけあい運動の一環として、12月16日(日)に阪急東向日駅前にて、街頭募金を行いました。

この募金は向日市共同募金会に納入され、向日市の地域福祉活動に活用されます。

 

ご協力くださいました方々に心からお礼申しあげます。

「聴覚障がい者・中途失聴者・難聴者のためのいきいきサロン」を開催しました!

障がい者地域生活支援センターでは平成24年12月6日(木)「フラワーアレジメント」の講習を行いました。講師に月輪未生流の田井中由江さん(生涯学習課人材ホットバンク登録)をお迎えし、参加者9名は女性でした。
参加者は、クリスマス・冬の花・木と水揚げの難しい花材の扱い方や生け方のポイントについて講師からの説明を受けたあと、楽しそうにクリスマスに挑戦していました。

月別の過去記事